[迷信] 今どき int が 16 ビットの処理系なんて無い

C/C++ の int 型が 16 ビット以上であることはよく知られています。正確には、その表現範囲が少なくとも -32767~+32767 ということになります(-32768~ではない点に注意)。しかし、現在 PC のプログラミングで広く使われている処理系では、かつて無償のコンパイラが入手しなかった時代に普及した LSI-C86試食版のようなごく一部の例外を除いて、int 型は 32 ビットです。int 型が 64 ビットの処理系もありますが、広く普及しているとはいいがたいので、原則として 32 ビットだと考えてよいでしょう。

では、int 型が 16 ビットの処理系は過去の遺物で、今では極例外的な存在でしかないのでしょうか? もし、本気でそのように考えているのであれば、井の中の蛙になっていることを疑わなければなりません。

現在でも、H8 や M16C、PIC など、組込み向けの処理系では int 型が 16 ビットのことは普通にあります。それらの処理系は、レガシーなものだといえばそうかもしれませんが、広く普及し、現在でも広く使われているわけですから、これらを無視して「今どき int が 16 ビットの処理系なんて無い」という論は成り立ちません。

この記事のトラックバックURL:

http://www.kijineko.co.jp/trackback/553