車輪の再発明

ここでは、すでに優れたものが既に存在しているけれども、あえてそれに代わるものを作ってみたいと思います。真似をする過程で、筆者または読者にとって、何か得るものがあればそれに越したことはありませんし、そうでなくても、先人の作ったもののすばらしさを再認識することぐらいはできるはずです。