RiSKさんによるC1Xのスレッドライブラリの翻訳

少し前から危ないRiSKのブログで進んでいたC1Xのスレッドライブラリの翻訳がひととおり終わったようです。
http://d.hatena.ne.jp/RiSK/20100520/1274321995

欲をいえば、単なる翻訳にとどまらず、POSIXスレッドとの比較など、さらにもう一歩踏み込んでいただきたいところですが、まずは「お疲れさま」といわせていただきます。

そういえば、ブログのタイトルから、いつの間にやら「うつ期ver.」というのがなくなっています。治ったとは思えないのですが...

この記事のトラックバックURL:

http://www.kijineko.co.jp/trackback/785